以下のURLへ移動してよろしいですか?よろしければリンクをクリックし移動してください。
http://www.moguravr.com/htc-vive-tpcast-3/

ついにVRは無線へ Viveワイヤレスアダプターは遅延気にならず | Mogura VR

MoguraVR

HTC ViveなどのハイエンドVRデバイスでは、動き回ったり、手を動かすことができ、思わず現実を忘れてしまうほどの没入感が非常に高いVR体験ができます。 しかし、まだ気になる課題は多く、その筆頭が「ケーブル」です。頭に装着したヘッドセットからだらりと垂れているケーブル。上質な体験を生み出すためにPCに接続されています。没入感を損なわないための、VRでは高画質で高速の描画処理が低遅延で求められます。そのため、有線で接続するという方式で各種VRデバイスは発売。有線ゆえに没入感がある程度損なわれることもあり、無線技術の進歩が待たれていました。 2018年、ラスベガスで開催中のCES2018にてHTCはHTC Viveと上位機種Vive Pro向けの公式「Viveワイヤレスアダプター」を発表しました。大容量・低遅延・安定が求められる通信規格にはインテルのWi-Gig 60GHz帯を、コンテンツの送受信に当たってはDisplayLink社のワイヤレスVR向けコーデックを使用しています。 CES会場のそばに設置されたHTCのデモブースではさっそくワイヤレスアダプターを試すことができました。 ヘッドセット上部に装着、PCからはPCIeスロット経由で送受信 Viveワイヤレスアダプターは、VRヘッドセットの上部にマウントして使用します。 Viveの現行モデル(デラックスオーディオストラップ換装済)にワイヤレスアダプターを換装した様子 また、給電用のバッテリーとはケーブル接続し、バッテリーを腰に装着します。 連続使用時間に関しては現在改善中とのことで教えてもらえませんでしたがバッテリー自体は重い印象はありませんでした。 PCへの送受信部はViveのトラッキングを行うベースステーションから少し離れた壁に埋め込まれていました。こちらは自宅等で設置する際は、どこか高所に置く必要がありそうです。 サイズはベースステーションよりも2回りほどずっと小型。Oculus Riftの赤外線センサーに近いサイズ感。 送受信部につながるケーブルはデスクトップPCの背面のPCIe(PCI Express)スロット(青い光を放っているスロット)に刺さっている。 装着……してみるとタケコプターのような見た目になり、気になる人は気になるかもしれない。 激しいVRアクションゲームでも遅延はなし