昔は熱射病?日射病?今、熱中症?

ふと気になったのです。

昔は夏に日差しの強いところで長時間作業していたり運動していたりしていると

熱射病とか日射病とか・・・で木陰に避難させられるなんてこともありました。

しかし、最近聞くのは「熱中症」

熱射病はどこに・・・日射病はいずこに?

違いを探す

こちらに詳しい情報が・・・
日射病と熱射病の違いについて | 長崎県長崎市田上 病院/救急告示病院の田上病院

日射病

夏の暑い日差しを浴びて歩き回ったときに体がオーバーヒートして起こります。顔が熱くなり息使いが荒く、皮膚は暑くサラサラと乾いた状態で汗が出ません。そしてめまいや、頭痛や吐き気などの症状がでます。

熱射病

高温多湿の下で長時間歩いたり、作業をした時に大量の汗をかき、体内の塩分や水分が著しく不足して起こります。つまり、体温調節が効かなくなって起こります。顔は青白く、大量の汗が出て、皮膚は冷たくじっとりとした感じになります。体温は普通かやや低めで脈拍は弱くて早い。虚脱感とともにめまい、吐き気がともないます。

熱中症

熱中症に関しては、経口補水液でおなじみの
こちらの情報を
熱中症の種類|大塚製薬

流石大塚さん。


ややこしい。

もしかして・・・最近はもう全部「熱中症」になってしまっているのでは・・・

予防しましょう・・・

エアコンを効かせて

ちょっと前にあった28度なんてものはダメだ!と、とうとう言えかい出してしまってますが
26度とか25度がよろしいようす。
エコ観点からなのか寝るときのエアコンは切っていたりタイマーだったりでしたが最近は
常に付けておくことを推奨していますね。

そして水分を取りましょう・・・
一昔二昔前の気温とは、だ~いぶ違ってしまっています。
ヒートアイランド現象だったり、世界的に温暖傾向になっていたり・・・
色々な影響でございましょう・・・



経口補水液

経口補水液 大塚さんのところの「OS1」とかですが
あれ普通の状態(身体が不調があるとかなんとか)で飲んでも旨く感じません。どちらかというと おいしくないですが
これがあら不思議・・・脱水に近しい状態、脱水状態で飲むとすこぶるおいしく感じます。

身体が「これだよ!これを欲しかった!」と言っているのかもしれません。
ちなみに旨いと感じたって事は脱水になりかけているか、脱水の状態です。 ご注意を。

結論

エアコン最高。

2020-08-18 09:40:24

返信ページ


このユーザ作成の最新ページ