ベータマックスとVHS

古いお話。

昔々、DVDやBlu-rayが出るはるか昔のお話であります。
その当時、映像の記録媒体として多く採用されていたのは、光ディスクではなく「磁気テープ」でした。
今となっては、古くなった使っていない磁気テープがカビてしまった…などもいい思い出の方もいるでしょう。

さて、
この「磁気テープ」は「ビデオテープ」と呼ばれておりました。
しかし、最初のころは各社大きな会社さん同士「俺が作った最強のビデオテープ」を発売しておりました。
そこで出てきたのが
「ベータマックス」「VHS」方式でございました。

そもそもの方式の違いもさることながら、テープのサイズが違うのです。
「ベータマックス」は、SONYさんが主導となり作り上げた「文庫本」サイズのビデオテープでありました。
「VHS」はこのベータマックスより遅れて発売され、またサイズも大きいものでした。
当時VHSを開発した日本ビクターさんは、後発でいい製品ができたが先行するSONYさんにどうやったら追い付くだろうかと考えました。

そこでVHSの本体、録画再生機を色々なメーカーに構造をOPENにしたのです。
そうするとたくさんのメーカーがVHSを作り始めました。
そして各社負けてなるものかと、色々な機能をVHSにプラスしていきました。

今現在ソフトウェア業界にもあるオープンソースっぽい感じですね。

さて、そうなるとSONYさん分が悪い。
なによりもこの当時、レンタルビデオ店が台頭してまいりました。
色々な映像メーカーが、映像ビデオを発売するのですが、VHSは比較的自由に参入できたのですが
SONYさんのほうは、チェックが厳しかったのです。
レンタルビデオは「VHS」に席巻されました。そこに大きく貢献したのは「アダルトビデオ」である点も捨てきれません。
(むしろそれがすべてなんじゃないだろうか?エロは偉大)
と言うことでVHSが「業界標準(デファクトスタンダード)」となっていったのであります。

さて、負けてしまったSONYさんはベータマックスをあっという間に捨ててしまったのでしょうか?
答えは、NOであります。
SONYさん民生放送機器にも強かった。
そこで民生放送機器の記録媒体としてベータマックスを売り込んでいったのでした。

その後、SONYさんはBlu-rayの規格策定で金星をあげましたのでまぁよかったなと思います。
というか記憶媒体系はすごく多かった時期があります。
色々な記憶装置がゴロゴロ転がっていたのも今となっては昔のお話であります。

Blu-rayの対抗馬は、またいたのですがそれはまた別のお話…

結局、記録媒体が多くあると人は困ってしまうのであります。
SONYさんは結構な独自路線を走ることが多いので。メモリースティックとか…UMDとか…MDとか…
この媒体と本体セットの開発だったものが今は内臓メモリーになっていきましたね。
もしくは、SDカードに一本化されたとみるべきでしょうか。

ここら辺のものは調べているといろいろと面白かったりします。


2018-09-05 08:48:41

返信ページ


このユーザ作成の最新ページ

  • 外出先でシステムの不具合にぶち当たる。

    開発者は別の開発者の不具合にあたることが多いいや・・・多分気のせいだと思うのです。時間が取れたので前々からどうだと言われていた金融商品を検討しにえいやっさと銀行...
  • インターネットを漢字にするとなんだろうか

    インターネットはインターネットで別に日本語にはない・・・はずである。地球規模の情報通信網とかそんなのはなんとなしにあるがインターネットそのものじゃない気がして...
  • クリスマスイブらしいので「イブプロフェン」について

    クリスマスイブらしいですね仕事です。さて、クリスマスイブって何の日なんでしょう?七面鳥を食べる日ですか?チキンを食べる日ですか?七面鳥を食べずにクリスマスにチキ...
  • SSDとかHDDとか。

    容量増えてますねハードディスクドライブ(HDDハードディスクは昔から・・・非常に歴史の古いレベルの記憶装置です。中には磁気ディスクが数枚から数十枚入っており、...
  • 東証が止まった日(2020年10月1日終日)

    驚きましたね。まさかの1日停止東京証券取引所の2020年10月1日の取引が一切停止と言う事態になりました。驚きましたね。原因は10月2日現在も詳しく調べているよ...