「Group」を作ってSNSをより楽しもう

Group機能を利用しよう


Group機能を利用すると、仲間内同士などでの「グループ」を作成することができるようになります。
Group機能の基本も「waterfall」となっています。
Group機能を利用する場合、「ユーザ登録」「Twitterログイン」「Googleログイン」どれかで登録いただくと誰でも自分のGroupを作成する事ができ、また他のGroupへ参加ができるようになります。

Group機能を設定しよう


Group機能の設定は大きく以下のような設定が存在しています。

・グループ名称
グループ名称を決定しましょう。

・グループの説明
グループに関しての説明を記載しましょう。

・ユーザ毎に招待枠を付加しますか?
ユーザ毎に招待枠を付加することで、グループへ参加したユーザがさらにユーザを招待することができます。
この機能が「OFF」の場合、ユーザを招待できるのはグループを作ったユーザのみになります。

・フレンド機能を有効にしますか?
フレンド機能を有効にすると、グループ内の「waterfall」にユーザ名が表示されるようになります。
更にフレンド同士が「相互にフレンド」にならない限り、互いの書き込み内容を見ることができなくなります。
この機能が「OFF」の場合、標準の「waterfall」と同様に匿名書き込みとなります。

Group参加者は「招待」が必要です

各グループに参加するには、「招待URL」が必要になります。
招待URLは、Groupを作成したユーザか「ユーザ毎に招待枠を付加」する設定の場合、各参加ユーザが招待URLを発行できます。
Groupを作成したユーザは無制限に招待URLを生成することができますが、招待されて参加したユーザは、最大「10枠」の
招待URLが付加されます。
※ただし、招待URL発行をユーザへ許可されていないGroupでは招待URLをユーザが発行することは出来ません。

招待URLを招待したい方へ送ることでGroupに参加してもらいましょう。

さぁ参加して書き込もう

Groupへ招待されたらぜひ参加してみましょう。
そこでは、標準の「waterfall」と違った世界が広がります。

2018-10-03 09:12:40

返信ページ


このユーザ作成の最新ページ

  • Group機能に無制限招待機能が追加されました

    Group機能に無制限招待機能が追加になりましたGroup機能の招待URLは一度利用されると無効になっていました。今回オプションとして、無制限招待URL発行機能...
  • waterfallの各スレッドに「コメント機能が追加」になりました

    waterfallの各スレッドの各書き込みに対して個別に「コメント」ができる機能が実装されました。各waterfallのスレッドに移動すると、その場所も個別の「...
  • 「Group」を作ってSNSをより楽しもう

    Group機能を利用しようGroup機能を利用すると、仲間内同士などでの「グループ」を作成することができるようになります。Group機能の基本も「waterfa...
  • ページ機能でより多くの情報を

    ページ作成でもっと沢山。ページ機能を利用すればより多くの内容を共有できます。エディタを利用して簡単に文字を大きくしたり、小さくしたり、色をつけたり、画像を貼った...
  • ログインしよう。

    ログインは非常に簡単です。一番簡単なのは自動決定されるIDでログインする方法です。赤い回転した矢印をクリックするとIDが変更されます。「復活」にIDを入力すると...