2021年6月、あるいは7月の自分へ~カルデア・スリラーナイト怖いとこまとめ~

幽霊の 正体見たり 怖いもんは怖い。


こんにちは、ハチミツです。

今更ですが、2020年サマーイベントこと「サーヴァント・サマーキャンプ~カルデア・スリラーナイト~」はいかがでしたか?


虞美人パイセンの掘り下げが最高だった?

徐福ちゃん実装はよ?

ほかの水着サーヴァントも魅力的だったし、ゲストのみんなも生き生きしていた?

間違いなく最高の夏イベントだった!? なるほどなるほど!




まぁ私は怖くてまともに遊べなかったんですが。


私事になりますが、私はホラーがとても苦手です。今回のスリラーナイトならプロローグの動画で10-0のノックアウト。

その後も恐怖演出が来るかもしれない、という恐怖で頭がいっぱいでした。

結局シナリオはスキップしたり大声でゴールデンボンバーの女々しくてを歌いながら読んだりの体たらく。初見プレイでは何がなにやらわからないままに終わりました。

初挑戦のホラージャンルでここまでの恐怖を抱かせたFGO、見事なり。拍手


さて、今回はそういうわけでカルデア・スリラーナイトを満喫した方向けの記事ではございません。

私自身のため、来年くるであろう復刻ライト版では今度こそ夏を満喫すべくホラーシーンのタイミングと概要をまとめた。それだけの記事です。

今回紹介するシーン以外ではいきなり画面にナニカが飛びついてくることも画面端に謎の存在が立っていることもラップ音が流れることも一切ないです。確認しました。確認しました。

それでも来年には忘れているかもしれないので、このように記録に残そうと決めた次第です。


同じ境遇のマスター、あるいは2021年にこのページにたどり着いたホラー苦手系新人マスターはせっかくなので覗いてみてはいかがでしょう。

ちなみに各シーンの画像は「もうワンタップしたら怖いとこ入るよ」のシーンなのでしっかり覚えてください。よろしく来年の私。



1.オープニング




開 幕 1 0 割

ス キ ッ プ 不 可

私 は 別 に 乗 り こ え た く な い


いきなりのスキップ不可恐怖ムービーに「アイツら本気(ガチ)で来やがった!!!」と震えたマスターは数知れず。

時間にして1分足らずの短い動画ですが破壊力はいうに及ばず。

サブリミナルに流れる映像は本編の伏線になってたりなってなかったりしますが、シナリオパートでちゃんと解説してくれるのでご安心。

上の画像をタップした瞬間にミュート&布団に押しつけてからカップラーメンでも作りましょう。


補遺:リアルタイムではスキップ不可でしたが、マテリアルから読み返すと画面下部のシークバーでカットできます。カットカットカットォ!



2.第一節『エンジョイ・ホリデー3/3』




カルデアがホラーに遭遇するのは初めての夜に入ってから。逆にいえばそれまでは基本のほほんとキャンプを楽しんでるので肩の力を抜きましょう。昼時間は平和、で覚えておけばOK。

この節はBGMもホラーチックで全体的にもう雰囲気がこわいのですが、とくに警戒したいのはテレビ映像。上のシーンでタップするとテレビが作動し、子どもの笑い声&不気味な物音から怪物の立ち絵のコンボをかましてきます。

そのあとはいつもの戦闘シナリオの流れになるので、とりあえずここだけ要警戒。



3.第三節『ゴーストマンション』





Q.なぜ画像がマテリアルなのか?

A.開幕からスゲーこわいからです。


クエストを始めた瞬間にテレビの砂嵐が始まり、収まると画面ど真ん中に人影がアップで浮かんできます。

よくよく見ると見覚えありあすぎて忘れられないあの人なので、出現から最初のコンマ数秒を耐えればなんとかなる・・・・かもしれない。

その後も第三節はいわゆる「ドッキリ系」ポイントがふたつあるのでこちらも気をつけましょう。

直前ポイントは以下のふたつ。






どちらも血をドッバドッバ出してくるので、赤色が苦手な人は画面隠しながら10回ぐらいタップしましょう。文脈としてはギャグコメディです。




4.第四節『呪いと怨念とビデオテープ』


女々しくて歌いながら見たのにメチャクチャこわかったです。(日記)

最大の恐怖ポイント。ここでビビるのは恥ではありません。なにせカルデアの人たちも本気で怖がります。主人公にいたっては恐怖のあまり悪夢を見たかもと言いだすレベル。

特異点を乗りこえて人理を修復して異聞帯を切除してきたカルデアのマスターがそれほどビビるのですからプレイヤーがカエルみてえにひっくりかえるのはむしろ自然ですとも!


内容としてはプロローグ映像の強化バージョンですので、アレがまったくダメな人はやはりスルーが無難。私も結局まともに見てません。

ムービーが始まるタイミングは、下のセリフをタップした直後です。




こちらのムービーもマテリアルなら画面下部のシークバーで操作できるので、無理だと感じたら無理せずに。2021年の復刻ライト版のためにこの記事を読んでる人は多分スキップできないので、終わるまでスマホを枕に包んで『色彩』を大声で歌っていれば音が聞こえなくていい感じです。再生時間は1分56秒。


補遺:直前のやりとりでVHSを知ってる知らない問答があります。そっちもこええよ



5.第六節&第七節


この段落を読んでいるということは、第四節のビデオで心折れず第五節で「何、この・・・・何?」をクリアしたのですね。おめでとうございます。

もうお察しかもしれませんが、第四節のビデオをピークに、当イベントのホラー演出は目に見えて弱化します。なにが来てもあのビデオほどではありません。天井が見えた時点で我々はもはや勝利目前です。

とはいえ、念には念を入れて。わずかでもドッキリする可能性があるシーンは容赦なくまとめておきましょう。一気に3シーンをどうぞ。




△直後にゾンビが出てきます。新宿のモブぐらいのリアルタッチなので初見だとギョッとするかも。




△のっぺらぼうの影が暗闇のなか会話するシーンが始まります。あとで判明する事実から推測すると、別に悪霊とかではありません。




△このなかでは一番こわい。男女の声が入り混じった気味悪い笑い声が数秒流れます。油断禁物。



6.ファイルⅠ・ファイルⅥ


第八節からは真相究明パートに入り、ついにホラー演出はなくなります。よくがんばりました。えらい。

しかしそれもあくまで本編での話。メインストーリーを補完するファイルが残っています。

これもふたつほど怖いのがあるので最後にとり上げておきましょう。


ファイルⅠ『アルバイトの日記』


いわゆる「かゆうま」日記。ごく普通の日記が少しずつおかしくなっていくのでひたすら薄気味悪い。

オチをいってしまうと、日記を書いた本人はなんやかんやあって無事です。



ファイルⅥ『蓬莱山賛歌』


見る人によってはオープニングより第四節よりこわいダークホース。

意味不明な歌詞が淡々と流れたと思いきや、真っ赤な血文字が画面中を埋め尽くします。stay nightを知ってる人なら「この世全ての悪」が、2部4章までクリアしてる人なら「アシュヴァッターマンの回想」が苦手なら閲覧非推奨です。



2021年の自分へ


カルデア・スリラーナイトの面白さはシナリオだけではありません。バトルのささやかな違和感、マップの変化、コメディな昼のキャンプ風景と緊張感あるホラーナイトの緩急。それらすべてがシナリオと連動しています。

このイベントをマテリアルで読み返すだけではもったいない。2021年に開催されているであろう復刻ライト版で攻略とシナリオを同時に進めてこそ真価を発揮する、まさにひと夏だけ楽しめるテーマパークです。


ぐっさんパイセンこと虞美人の掘り下げが最高だし、

徐福ちゃん実装はよと願いたくなるし、

ほかの水着サーヴァントも魅力的だったし、ゲストのみんなも生き生きしていた。

「間違いなく最高の夏イベントだった!」と今度は本心から言いたい。


なので2020年10月の私はこんな記事を書きました。

2021年の私自身はもちろん、同じ悩みを抱えてさまよって、このページにたどり着いたマスターのお役に立てれば幸いです。


それでは今回はこのへんで。じゃあ徐福ちゃんはそこの実装待機列に並んでね。アグラヴェインとかシータとか明智光秀とかの先輩と仲良くするんだよ。シータはアーケードで実装? そういうことじゃねえんだよ。


ではまた。

2020-10-03 18:09:52

Writer:ハチミツ

Twitter
「2021年6月、あるいは7月の自分へ~カルデア・スリラーナイト怖いとこまとめ~」をシェアしませんか?

HashTag

FGO

最新ページ

  • 【FGOプレイ日記】仔羊の赤ワイン煮込みでゴッホちゃんを喜ばせたい

    こんにちは、ハチミツです。シーズン8にして2020年最後の記事となる今回はプレイ日記となります。いつもどおりFGOを起動して、最近のお気に入りことゴッホちゃんで...
  • 斎藤一さんのPT転職エージェントはこちらです。

    どうぞ、そちらにおかけください。本日はご足労ありがとうございます。斎藤一さん。この度は当方の呼びかけに応じてくださり、こうして実際に面談の機会を与えていただき...
  • 顔面宝具に物申す

    やるべきことがあるだろう。目次はじめに1.顔面宝具って必要ですか?2.なんで顔面宝具しなくちゃいけないの?3.「やるべきこと」とは最後にはじめにこんにちは、ハチ...
  • イベント特攻がないWゴッホを考える

    以下に記述する文章は(中略)手記である。こんにちは、ハチミツです。先日開催した「虚数大海戦イマジナリスクランブル」ではシナリオにバトルに大活躍したヴァン・ゴッホ...
  • 殺人考察(藤丸立香)

    こんにちは、ハチミツです。NagareのFGO記事シーズン7も今回で最終回です。ヘソだの成人式だの水着だの、なにかと藤丸立香に言及しがちな本シリーズ。読者の方か...