ライター歴5年の私が取材のコツ、みつけました

 

取材って、いまどきは誰しも無関係ではありません。

なぜなら、いろいろなメディアが登場し、誰もが取材を受ける立場になるかもしれないからです。そして、私は取材をする側でもあるので、日々取材力のようなものは、向上につとめています。

 

では、取材のコツはどのようなものなのでしょうか?

 

知ったかぶりをしない

 

取材って、人の話を聞いて構成をまとめて、読者にわかりやすく専門家の知見を紹介するものですよね。基本的には、相手様の話を聞くことが仕事です。

 

しかし、相手のことをネットで調べて、たくさん知ったつもりになって、あれこれ「これは○○なんですよね?」「wikipedia△△って書いてあったんですけどほんとうですか?」みたいな聞き方をしていると、まったくもりあがりません。

 

それどころか、「浅い知識しかないんだな」という印象を抱かせかねないのです。取材はあくまで、「教えていていただく」と「興味をもって調べてきました」のバランスが非常に重要です。

 

相手が著名人だったら

 

とくに、私の場合になりますが、調べるところは基本的な事項をポイントポイントで押さえるだけで、あとは流れに任せるようにしています。もしも取材先が著名人・有名人であって、取材をさんざんされており、同じことばかり聞かれているような気配があれば、また工夫する必要がありますが、私のような5年目レベルの初心者に毛が生えたようなライターには、そんな大御所の取材はまわってきません。まずは腕を磨くところからですね。

 

取材の前段階でやっておくべきこと

 

取材に取り組む前に必要なことがあります。Web系の取材の場合は、見出しをすべて設定しておくことです。最初から見出しだけ設定しておけば、話が暴走したとしても、見出しを埋めることさえできていれば、最低限の記事は完成します。

 

 

取材中に大切なこと

 

私が考える取材で大切なことは、なんといっても盛り上げることです。仕事で来ました、みたいなふうを出さず、相手に純粋な興味を持つこと。ちょっとオーバーめにリアクションすること。そうした工夫で、相手の気持ちを盛り上げ、話しやすい雰囲気、自己開示しやすいムードをつくっていきます。

 

こちらがわの自己開示も大切です。「本当は○○かなと思ってたんですが、実は△△なのですね!」といったテンプレートを使いながら、相手の気持ちを引き出していくことで、より良質で密度の濃い、さらには充実した取材につながります。

 

自分の心の中を大切に

 

さらに自分の心の中をつねに観察しながら取材に挑むことも大切だと考えます。なぜなら、自分が最初の読者であるも同然だからです。つまり、取材中に「ここがわからないな、もうちょっと知りたいな」と自分が思うところは、おそらく読者もそう思うはずだからなのです。

 

よって取材をしながらでも、相手の話をうかがいながら、同時に自分の心をみつけて、違和感をつねにチェックしておく必要があります。そして、少しでもひっかかるところがあったら、取材の終わりにでもまた質問をします。そうすれば、相手もより詳しく話してくれますし、非常に興味深い時間となり、人生の価値も高まります。

 

まとめ

 

このように取材は相手の話を聞くことでありながらも、同時に自分の心を見つめることでもあります。よって、疲労度は大変なものです。それでも、取材は専門家の知見をわかりやすく伝えて、メディアの品質を大きく高めることに貢献してくれます。

 

メディアが増え同時に情報発信をしていると、これから取材の引き合いなどもきっと増えてくるはずです。そんなときにお役に立ちますように。


2019-01-30 12:05:32

Writer:namonakiwriter

HomePagehome Twitter
「ライター歴5年の私が取材のコツ、みつけました」をシェアしませんか?

最新ページ

  • コラムの書き方

    「コラムの書き方」をコラム枠で書くという“ひねった“記事でお届けします。さて、そんな冗談はさておき、個人的に考えるコラムの書き方をお届けしていこうと思います。&...
  • 一流の書き手になるために

     「文章とは天性のものです」 と、かの村上春樹先生はいっていますが、そこにはハルキ先生の自意識が見え隠れします。それは文字通り文章界隈のカー...
  • 科学の力で痩せる!イメージダイエット(3)

     最後に、今回の3つの記事のテーマである、イメージダイエットです。 イメージダイエットとは? イメージダイエットとは、夢を叶える科...
  • 科学の力で痩せる!イメージダイエット(2)

     科学的アプローチで痩せようと思います。さらに、栄養士さんは、「エモーショナル・イーティング」という用語を教えてくれました。ようするに、気持ちが満たさ...
  • 科学の力で痩せる!イメージダイエット(1)

    いきなりですけど先日、栄養士さんとお話していて、 栄「野菜はできる限り食べてください。きゅうり、にんじん、かぼちゃ…」私「にんじんも食べていいんですか...