科学の力で痩せる!イメージダイエット(3)

 

最後に、今回の3つの記事のテーマである、イメージダイエットです。

 

イメージダイエットとは?

 

イメージダイエットとは、夢を叶える科学的アプローチ。

何か目標を達成したいと思ったら、夢を叶えている途中をセルフイメージするというシンプルなテクニックです。

 

たとえば、私は大学時代の卒論がきつかったんですけど、新築の明るい図書館の窓辺の席に陣取って、朝のチュンチュンという鳴き声、昼の差し込む光、夜は雨の降る外を尻目にひたすら研究…たまに階下のカフェでロイヤルミルクティを飲んで。というイメージを続けたんです。それによって、実際の行動が伴い、無事に目標達成できたと。

 

これは、ダイエットにも応用できて、イメージが必要です。

料理を続けるために、朝はコップいっぱいの水を飲んでる自分、フルーツをカットする自分、トントンと小さなヒノキのまな板で野菜と肉をカットして、ジュージューとフライパンで炒めて味付けし、サンドイッチにして食べる自分。それをイメージすることで、とりあえず、昼まっから寿司行って…という生活は脱出できるのではないかと。

 

具体的にイメージする

 

では、私のライフスタイルをイメージしてみます。朝3時半におきて、シャネルで洗顔スキンケアして、お気に入りのシャツとスカートに着替えて、カーテンを開け、まだ暗い中、窓辺でコツコツと仕事。仕事がスタートしたらちょっと息抜きでフルーツをトントンとカットして、社長と仕事の話をしあって笑いあう。

 

8時半に社長はでかけますので、その後サンドイッチを作って食べる。13時頃までゴロゴロして(普段はここでランチにでかけてた)、13時からまたバーっと仕事。夢中になって仕事していたら、17時になりますので、noteの月額マガジンを書いて、ようやく晩ごはん。晩は

 

これなら、午前5時間労働、午後4時間労働+マガジン1時間の時間を確保しつつ、生活にダイエットを組み込めるのではないかと考えています。

 

まとめ

 

とにかく、理屈だけは立派な私のダイエット知識。問題は実行と継続です。計画を立てたので、あとは実行するだけですね。

 

●意思決定の総量は決まっていて、午前の仕事で使い果たす

●生活面ルーチン化することで、夜に意思決定力を残す

●エモーショナル・イーティングと上手に付き合う

●良い習慣は20秒減らし、悪い習慣は20秒手間をかける

●成功途上のライフスタイルを具体的にイメージする

 

これが、考え抜かれたダイエットの科学的アプローチだ!

その結果、現在体重はスタート時から0.5キロ増えておりますwww

いや、笑い事じゃないので、まじで続けます。



科学の力で痩せる!イメージダイエット(1)

科学の力で痩せる!イメージダイエット(2)


2019-08-23 15:58:19

Writer:namonakiwriter

HomePagehome Twitter
「科学の力で痩せる!イメージダイエット(3)」をシェアしませんか?

最新ページ

  • 新年には、やらないことリストを作ろう

    2020年、あけましておめでとうございます。この連載も、もう1年が経過しました。今日は、新年の抱負としておすすめな、「やらないことリスト」をご紹介しようと思いま...
  • 職業作家にまつわる伝説と噂話

    作家のエピソードに関心が強い私です。それにしても、物書きの方々というのは数多くの伝説をお持ちです。今回は、私が知る限りで、文章を書いて暮らしていた人たちにまつわ...
  • 作家になるべきか、ライターを極めるべきか

    こんにちは。名もなきライターです。今日は私の悩みを聞いていただきたく思います。 実は、これからの方向性として、作家になるか、ライターを極めるか、悩んで...
  • コラムの書き方

    「コラムの書き方」をコラム枠で書くという“ひねった“記事でお届けします。さて、そんな冗談はさておき、個人的に考えるコラムの書き方をお届けしていこうと思います。&...
  • 一流の書き手になるために

     「文章とは天性のものです」 と、かの村上春樹先生はいっていますが、そこにはハルキ先生の自意識が見え隠れします。それは文字通り文章界隈のカー...