科学の力で痩せる!イメージダイエット(2)

 

科学的アプローチで痩せようと思います。

さらに、栄養士さんは、「エモーショナル・イーティング」という用語を教えてくれました。ようするに、気持ちが満たされないから食べるわけです。

 

エモーショナル・イーティングとは?

 

エモーショナル・イーティングとは、気持ちを満たすために食べる行為です。

 

ただ、私にはここで大きな悩みがあります。

それが、若い頃から、遅くに仕事をおえて帰宅すると、何かしないとその日一日が無駄になったような気がして苦しくなるのです。頭では、お腹ペコペコのまま起きて、さわやかに水を飲んで、運動でもすれば気持ちよく生きられるとわかっていても、金曜の夜とか、もったいなくて気分がつらくなっちゃうんですね。仕事ばっかりじゃないかって思っちゃうんです。だから、仕事が終わった夜にポテチとか食べちゃうと。

 

そして、(1)でみたように、夜は意思決定をたらふく済ませてもう意志の力が残っていませんから、ずっと抗えないで来たわけです。東京で働いてた頃、仕事と学校の帰りにコンビニでハンバーグ弁当を買うのが楽しみだったのを思い出した…。

 

ただし、それがわかっているなら対策が打てます。

朝と昼のカロリーをカットすればいいわけです。だから、朝はヨーグルトとフルーツ。そして昼は手作りサンドイッチかおにぎりを具沢山で。

 

幸いなことに、朝は9時までパートナーが見張っていますので、我慢できます。朝食がようやく習慣づきました。

 

習慣化する方法

 

人類においてすべてのダイエットが失敗します。

それは続かないから。運動しよう、カロリーをカットしよう、手料理しようと思っても、行動がそれに続いていかないから、ダイエットを挫折すると。じゃあ、意思決定を減らしつつ、習慣化していくには、20秒テクニックがいいそうです。

 

20秒。たとえば、

 

悪い習慣をカットしたいときは手間を20秒かける。良い習慣を続けたいときは手間を20秒カットする。というもの。

 

●悪い習慣「コンビニでポテチを買ってしまう」→ 20秒だけ遠いコンビニにいく

●良い習慣「水をたっぷり飲む」→ エビアンをデスクに置いて20秒早く取る

 

のように、プラスマイナス20秒の調整を行うのです。

これで、ライフスタイルを変えられるので、生活の改善につながり、リバウンドを予防といいうか、そもそも「太りやすい生活」というものを変えていくことにつながっていくと。

 

じゃあ、能書きはいいとして、実際に痩せるにはどうしたらいいか。続きます。


科学の力で痩せる!イメージダイエット(1)

科学の力で痩せる!イメージダイエット(3)


2019-08-23 15:57:37

Writer:namonakiwriter

HomePagehome Twitter
「科学の力で痩せる!イメージダイエット(2)」をシェアしませんか?

最新ページ

  • 新年には、やらないことリストを作ろう

    2020年、あけましておめでとうございます。この連載も、もう1年が経過しました。今日は、新年の抱負としておすすめな、「やらないことリスト」をご紹介しようと思いま...
  • 職業作家にまつわる伝説と噂話

    作家のエピソードに関心が強い私です。それにしても、物書きの方々というのは数多くの伝説をお持ちです。今回は、私が知る限りで、文章を書いて暮らしていた人たちにまつわ...
  • 作家になるべきか、ライターを極めるべきか

    こんにちは。名もなきライターです。今日は私の悩みを聞いていただきたく思います。 実は、これからの方向性として、作家になるか、ライターを極めるか、悩んで...
  • コラムの書き方

    「コラムの書き方」をコラム枠で書くという“ひねった“記事でお届けします。さて、そんな冗談はさておき、個人的に考えるコラムの書き方をお届けしていこうと思います。&...
  • 一流の書き手になるために

     「文章とは天性のものです」 と、かの村上春樹先生はいっていますが、そこにはハルキ先生の自意識が見え隠れします。それは文字通り文章界隈のカー...